伊勢屋本店

姫路の銘菓 玉椿

伊勢屋の伝統

伊勢屋の由来は極めて古く、菓舗としての開業は元禄年間にまで
さかのぼることができます。
11代将軍・徳川家斉の娘と姫路城主酒井忠学との婚礼を祝って “玉椿”が作られ、姫路藩の御用菓子に用命されました。


玉椿のこだわり

しっとりとした黄身餡を薄紅色の求肥で包んで「椿の花」に見立てております。

玉椿には原料として、白小豆(しろしょうず)が使用されています。
白小豆とは・・・極限られた生産量で希少な小豆です。
「幻のあずき」白小豆は、淡い黄色味をおびた白色をしており、香り豊かな風味と上品な甘みがあり、皮が柔らかく口当りが良い食感が特徴です。

舌にして 姫路をおもふ玉椿