太市の筍 ~おおいちのたけのこ~

農事組合法人 太市筍組合 竹林

太市の筍 ~はじまり~

嘉永年間(1848年~1853年)に親竹として、孟宗竹を移植したのが始まりといわれています。

筍イメージ

太市の筍 ~地域~

兵庫県西南、播州平野の中央部に位置し、太市山群に囲まれた大津茂川中流域の盆地部。
(JR姫路駅から姫新線で北西に15分ほどの太市駅周辺)

筍イメージ

太市の筍 ~特徴~

太市の筍は、柔らかくてきめ細かなアクの少ない逸品です。
また、アクが少ないため、湯がく際に糠(ぬか)が必要ありません

丹精込めて育てられた筍は、適度な歯ごたえとまろやかな甘みが自慢です!
「姿は京都の山城。味は太市」 と称される筍は、一度食べたらやみつきになる美味しさです!

>>筍についてもっと知りたい方はこちら(PDF)