姫路文学館イメージ

姫路文学館

姫路文学館って?

姫路文学館は、姫路を中心とした播磨ゆかりの文人たちを顕彰し、資料の収集および調査、研究を行うとともにあらゆる文学活動の拠点とすることを目的に、平成3年(1991年)4月、市制百周年事業の一環として開館した博物館施設です。国宝姫路城の北西に位置し、建築家 安藤忠雄 氏の設計によるユニークなデザインが古い町並みに新しい風景を添えています。

姫路文学館の特別展・企画展のお知らせ

特別展「生誕100年記念 山田風太郎展」 NEW

特別展「生誕100年記念 山田風太郎展」
人間は生きていく。命の絶えるまで、望みの灯を見つめている。  —『戦中派不戦日記』より

兵庫県養父郡関宮村(現・養父市関宮)に生まれた山田風太郎(やまだ ふうたろう 大正11年~平成13年 1922-2001)。『甲賀忍法帖』『魔界転生』をはじめとする忍法帖シリーズで一世を風靡し、『八犬伝』『人間臨終図巻』『警視庁草紙』など数多くの名作を生み出しました。
風太郎は早くに父母と死別し、父の医院を継いだ叔父に育てられます。学生時代から受験勉強と並行して膨大な読書を重ね、懸賞小説を投稿しはじめました。青年時代の日記は後年刊行され、戦時中の貴重な記録としての意義と、読み物としての面白さを兼ね備えています。
昭和19年(1944)、東京医学専門学校(現・東京医科大学)在学時に推理作家デビュー。江戸川乱歩、高木彬光、横溝正史たちと交友し、卒業後は専業作家として活躍します。中国四大奇書のひとつ「金瓶梅」をミステリに仕立てた『妖異金瓶梅』以降、奔放な小説世界を切り拓き、続々と作品を発表していきます。
卓抜したアイデアと深い人間へのまなざし。奇想のもとには、歴史風俗、医学知識の蓄えがありました。手がけたジャンルは幅広く、推理小説、伝奇小説、歴史小説、随筆、ノンフィクション、日記と多岐にわたります。その人気は今なお続き、映画、舞台、漫画となって、世界中で愛されています。
本展覧会は風太郎の生誕百周年を記念し、青年期の「小説腹案集」や日記、スケッチ、スクラップブック、愛蔵品を中心に、風太郎の生涯と作品の魅力を辿ります。

【会期】2022年4月16日(土)~6月5日(日)

詳しくは 公式ホームページをご覧ください

姫路文学館

姫路文学館の外観写真
所在地
〒670-0021 姫路市山野井町84番地
電話番号
079-293-8228
FAX
079-298-2533
開館時間
10:00-17:00 ※入館は16:30まで
休館日
毎週月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(土日の場合は開館)、年末年始(12月25日~1月5日)
バスで

【1】JR・山電姫路駅前の神姫バスターミナル9・10・17・18番(一部停車しない系統がありますので、ご確認ください)乗り場から乗車約6分「市之橋文学館前」下車→北へ徒歩約4分

【2】城周辺観光ループバス「清水橋・文学館前」下車→西へ徒歩約3分

お車で

【1】姫路バイパス「中地ランプ」下車→北東へ約15分

【2】山陽自動車道「姫路西I.C」下車→南東へ約25分「姫路東I.C」下車→南西へ約25分

【3】中国縦貫自動車道「福崎I.C」より播但連絡自動車道「砥堀ランプ」下車→南西へ約25分

【4】国道2号線より、大手前通りを北上→姫路城前を西へ約700m→野本眼科の角を右折約200m

※駐車場(50台・無料)※大型バスでご来館の場合は事前にご連絡ください

姫路文学館の取材日記
特別展取材日記「こころ」から百年 夏目漱石

▲PAGE TOP