姫路市立美術館 日比野克彦 明後日のアートの学校[姫路市]

オールひめじ・アーツ&ライフ・プロジェクト→町も海も山も寺も城も人もつながるプロジェクト。
令和6年度までの4年間をかけて、姫路市立美術館では新たなアートプロジェクトを展開します。令和3年度である今年は、現代美術家の日比野克彦氏が円教寺を拠点に「明後日朝顔プロジェクト」をはじめとした学校を開校します。

【お問合せ】姫路市立美術館 TEL:079-222-2288

・明後日朝顔プロジェクト@書写山圓教寺 摩尼殿
【開催期間】~2021年11月頃まで
【開催場所】書写山圓教寺 摩尼殿(地図
平成15年に新潟県で収穫された朝顔の種が、その後姫路市を含む全国28地域・1団体によって連綿と続き、摩尼殿のもとで花を咲かせ、新たな種を実らせます。
※観賞には拝観志納金が必要

・TANeFUNe(タネフネ)乗船体験 ※要事前申込
【開催日時】2021年8月7日()9:30姫路港集合、16:30姫路港解散
【開催場所】県立いえしま自然体験センター(地図
【対象・定員】小学生以上 15名(小学生は保護者同伴)
【参加費】500円(保険料を含む。交通費は別途必要)
朝顔の種の形をした「TANeFUNe(タネフネ)」に乗り、海に浮かぶ漂流物や流れ着いたプラスチックの漂着物などを集めて観察します。それがどこからやってきてどんな物語があったのかを想像し、新たなモノガタリを創造します。

>> 姫路市立美術館 「日比野克彦展 明後日のアート」情報はこちら

 姫路市立美術館 「日比野克彦展 明後日のアート」[姫路市]

【開催期間】2021年9月18日()~11月7日()10:00~17:00(入館は16:30まで)

【開催場所】姫路市立美術館(地図

【アクセス】JR姫路駅から 徒歩約20分 又は神姫バス「姫山公園南・医療センター・美術館前」停留所下車すぐ

【休館日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

【観覧料】一般1,000円、高校・大学生600円、小・中学生200円

【お問合せ】姫路市立美術館 TEL:079-222-2288

現代美術家の日比野克彦氏が、姫路地域を含む全国各地で展開してきた「明後日朝顔プロジェクト」を中心とした活動の軌跡を自身の造形作品とともに展観します。

>> 日比野克彦氏による明後日朝顔プロジェクト情報はこちら

・明後日のアート展オープニングトーク&ワークショップ「明後日のアート宣言」2021年9月19日()14:00~16:00 ※要事前申込、小学生以上対象、定員20名
日比野克彦氏が「明後日のアート宣言」を発表。ワークショップやアートを通して「明後日のアート宣言」の精神を感じ、考えます。日比野克彦氏、国立新美術館館長の逢坂恵理子氏が講師を務めます。(本展の観覧券もしくは当日の半券が必要。)

・子ども向け鑑賞会 日比野克彦の絵本「美」と展覧会鑑賞 2021年9月25日()14:00~15:00 ※要事前申込、小学生以上対象(小学生は保護者同伴)、定員15名
「明後日の学校」の先生たちによる日比野克彦氏の絵本「美」の読み聞かせと、展覧会の鑑賞を行います。

 

 

 小野市立好古館 特別展「知られざる浄土寺の至宝」[小野市]

【開催期間】2021年10月2日()~12月5日()9:30~17:00(入館は16:30まで)

【開催場所】小野市立好古館(地図

【料金】 大人(高校生以上)300円、小中学生100円

【休館日】月曜日(ただし祝日の場合は翌日)

【アクセス】電車…神戸電鉄「小野駅」下車徒歩約3分
車…山陽自動車道「三木小野IC」より北へ約10分

【お問合せ】小野市立好古館 TEL:0794-63-3390

重源上人生誕900年を記念して、特別展「知られざる浄土寺の至宝」が開催されます。江戸時代の来迎会衣装など初出品となる資料を中心に、創健~現代までの浄土寺のあゆみを紹介します。

※コロナウイルス感染症拡大防止のため、状況により中止になる場合があります。

・展示説明会 2021年10月23日()、11月28日()13:30~約30分 ※参加費無料
・講演会「新進気鋭の研究者が語る!浄土寺の仏像と重源上人」2021年10月9日()13:30~15:00 ※参加費無料、要事前申込、先着50名
・見学会「浄土寺と周辺の文化財を巡る」2021年12月4日()9:00~12:00 ※参加費無料、要事前申込、先着30名

 まるごと赤穂城博[赤穂市]

2021年が赤穂市制70周年、赤穂城跡国史跡指定50年、築城360年になることを記念して、「まるごと赤穂城博」が開催されます。
【お問合せ】 赤穂市教育委員会文化財課文化財係 TEL:0791-43-6962

(1)本丸櫓門内企画展

【開催日時】
2021年10月2日()~12月14日(火)のうち土日祝日
10:00~16:00(ただし、12月は11・12・14日のみ開館)

【開催場所】 赤穂城跡 本丸櫓門内階上内部 (地図

【アクセス】 JR「播州赤穂駅」から徒歩約20分

本丸櫓門内企画展「赤穂城の歴史と特徴」を開催します。史跡赤穂城跡について、パネルや発掘調査出土遺物でその歴史と特徴を解説します。

(2)記念入城証の無料配布

【開催日時】
2021年10月2日()からの土日祝日
10:00~16:00

【開催場所】 赤穂城跡 本丸櫓門下 (地図

【アクセス】 JR「播州赤穂駅」から徒歩約20分

本丸櫓門内企画展開催時に、限定3,000部の記念入城証を無料配布します。(1人につき1枚配布、なくなり次第終了。)

(3)連続講演会「近世海城研究最前線」

【開催日時】
第1回 2021年10月23日()14:00~「海城としての唐津城~発掘調査成果から見た唐津城の特徴~」
第2回 2021年11月20日()14:00~「波の上の名城~瀬戸内海と高松城~」
第3回 2021年12月12日()14:00~「海城の魅力~城の形態の最高到達点~」

【定員】 各50名 ※要事前申込

【開催場所】 赤穂市文化会館(ハーモニーホール)2階学習室 (地図

【アクセス】 JR「播州赤穂駅」から徒歩約8分

「海城の構造と魅力」をテーマとし、学識経験者ほかによる3回の連続講演会が開催されます。

(4)赤穂城跡発掘調査・整備工事現地説明会の開催

・赤穂城跡二之丸門跡周辺発掘調査現地説明会
【開催日】 10月開催を予定
【開催場所】赤穂城跡二之丸門跡周辺発掘調査現場(地図

・赤穂城跡二之丸西中門跡周辺整備工事現地説明会
【開催日】 2月開催を予定

赤穂城跡整備と合わせて行われている発掘調査とその整備の現地説明会が開催されます。

(5)赤穂城跡二之丸庭園公開範囲の拡大

【開催日時】
2021年9月1日(水)~ 9:00~16:30(最終入園は16:00まで)
※時間外の通り抜けはできません
※年末年始(12月28日~1月4日)は休園日

【開催場所】 赤穂城跡二之丸庭園 (地図

【アクセス】 JR「播州赤穂駅」から徒歩約20分

赤穂城跡二之丸庭園は、2016年から一部公開を行ってきましたが、2021年9月から花見広場から二之丸庭園の通り抜けができるよう、西仕切門を開門して公開範囲を拡大します。

※開催時における新型コロナウィルス感染拡大や緊急事態宣言の発出等の状況により、行事の中止・変更及び施設閉鎖・利用制限などが行われる場合があります。

 室津海駅館 特別展「しきしまの道~和歌の世界~」[たつの市]

【開催日時】2021年10月9日()~11月28日()9:30~17:00(入館は16:30まで)

【開催場所】室津海駅館(地図)・室津民俗館(地図

【休館日】毎週月曜日、祝日の翌日

【入館料】
単館券…高校生以上200円、小中学生100円
共通券…高校生以上300円、小中学生150円

【アクセス】神姫バス「室津停留所」から徒歩約5分

【お問合せ】
室津海駅館 TEL:079-324-0595
室津民俗館 TEL:079-324-0650

室津では、万葉集の時代から歌枕の地として多くの和歌が詠まれてきました。
そんな室津にある資料館、室津海駅館・室津民俗館にて、現存する最古の百人一首かるた「道勝法親王筆百人一首歌かるた」など、和歌にまつわるさまざまな資料が展示されます。
会期中には記念講演会や競技かるたのワークショップなども開催されます。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、内容を変更する場合があります。

 手柄山オータムフェスティバル[姫路市]

【開催日時】2021年10月23日()~11月3日(水・祝) ※各休館日あり。

【開催場所】手柄山中央公園(周辺地図

【期間中の休館日】
2021年10月25日(月)平和資料館
2021年10月26日(火)緑の相談所、水族館、手柄山交流ステーション
2021年10月29日(金)温室植物園
2021年11月1日(月)平和資料館
2021年11月2日(火)緑の相談所、水族館、手柄山交流ステーション

【アクセス】山陽電鉄「手柄駅」より徒歩約10分

【お問合せ】手柄山交流ステーション TEL:079-299-2500

手柄山中央公園周辺の5施設(手柄山交流ステーション、水族館、緑の相談所、温室植物園、平和資料館)にて、さまざまなイベントを開催します。プレゼントがもらえるスタンプラリー、展示やステージパフォーマンスも行われます。

・手柄山中央公園スタンプラリー
・姫路モノレール写真展
・サムライガーショー 2021年10月24日()11:00~・13:00~ 各約30分
・姫路モノレール土木遺産講演会 2021年10月31日()要申込
・モノレール橋脚跡あるき 2021年11月3日(水・祝)10:00~ 要申込
・手柄山Sub.Fes 2021年10月31日()10:00~16:00
・慰霊塔ライトアップ 2021年10月22日(金)~24日()18:00~21:00

 たつの市立龍野歴史文化資料館 特別展「武士の心得」[たつの市]

【開催日時】2021年10月23日()~12月5日()9:00~17:00(入館は16:30まで)

【開催場所】たつの市立龍野歴史文化資料館地図

【休館日】毎週月曜日、祝日の翌日、2021年11月30日(火)

【アクセス】JR「本竜野駅」から徒歩20分

【料金】大人400円、65歳以上200円、学生100円

【お問合せ】たつの市立龍野歴史文化資料館  TEL:0791-63-0907

脇坂氏龍野入封から350年という記念年に向けて、豊臣秀吉や伊達政宗の文書、刀や甲冑など脇坂家家中に伝わった宝物を公開します。

<関連イベント>
・記念講演会 2021年10月24日()13:30~15:00
・記念講演会 2021年11月28日()13:30~15:00
・ぶらたつの 2021年10月31日()10:00~11:30
・ギャラリートーク 2021年10月23日()、12月5日()14:00~15:00

 明石市立文化博物館 企画展「発掘された明石の歴史展~明石の古道と駅・宿~」[明石市]

【開催期間】2021年10月30日()~12月5日()9:30~18:30(入館は18:00まで)

【休館日】月曜日(祝日を除く)

【開催場所】明石市立文化博物館(地図

【アクセス】JR・山陽電鉄「明石駅」より北へ徒歩約5分

【観覧料】大人200円、 大学・高校生150円、中学生以下無料

【お問合せ】明石市立文化博物館 TEL:078-918-5400

いつの時代においても交通の要衝だった明石。明石の「道」や「駅・宿」に関連する出土品や歴史資料が展示されます。
また、11月13日には、講演会とシンポジウムも開催されます。

★関連イベント
・講演会とシンポジウム 2021年11月13日()13:00~16:00 [定員40名] ※要観覧料、要事前申込

 書写山もみじまつり[姫路市]

【開催日時】2021年11月12日(金)~14日()10:00~20:00

【開催場所】書写山圓教寺(地図

【料金】志納金 大人500円(高校生以下無料)

【アクセス】神姫バス「書写ロープウェイ行」で終点下車し、ロープウェイにて「山上駅」下車

【お問合せ】書写山圓教寺 TEL:079-266-3327 / 姫路市観光課 TEL:079-221-1520

期間中は、古刹に映える色鮮やかなもみじの観賞に加え、国指定重要文化財の大講堂内部および釈迦三尊像、常行堂内部および阿弥陀如来坐像、金剛堂内部および天井絵(※雨天公開中止)が特別に公開されます。17:00から20:00まで摩尼殿周辺の紅葉のライトアップ「もみじライトアップ」も行われます。
また、13日(土)16:30~、「紡 -TSUMUGU-2021」と題し、特別奉納公演(和太鼓演奏)が開催されます。(観覧無料、荒天中止)