ウインターイルミネーション2018-2019[三木市]

【期間】2018年11月10日()~2019年2月28日(木)17:00~23:00

【場所】山陽自動車道 三木サービスエリア上り線(地図

NEXCO西日本管内のサービスエリア(4箇所)で2019年2月28日まで「ウインターイルミネーション」が開催されます。
兵庫県内では三木SA(上り線)では、『美しき、日本の四季』と題し、四季のやさしいうつろいを表現した、和のイルミネーションを楽しむことができます。
点灯日初日の10日には17時より点灯式が行われ、クリスマスソングやダンスパフォーマンス、三木市のゆるキャラとのゲーム、先着100名様にぜんざいの無料配布などのイベントも企画されています♪


 NESTA ILLUMINA~光のさんぽみち~[三木市]

【開催期間】2018年11月20日(月)~終了日未定

【開催時間】17:00~22:00(最終入場21:00)

【開催場所】ネスタリゾート神戸(地図

【入場料金】大人2,980円、小人(4歳以上~小学生)2,380円、3歳以下無料
※ネスタイルミナの他にワイルド・バギー、スカイジャングル、グランプBBQパーク BBQフィールドサイト使用等が可能

【アクセス】車…山陽自動車道「三木東IC」から約2分
電車・バス…神戸電鉄「緑が丘駅」より神姫ゾーンバスにて約20分(土日祝のみ運行)

【駐車場】普通車500円、中型車1,500円、大型車2,000円、バイク200円

【お問合せ】ネスタリゾート神戸 TEL:0794-83-5000

自然をテーマとした5つのエリアごとに異なるストーリーが演出されています。まず入口では虹色に輝く「ダンシングウォール」がお出迎えし、フルカラーLED電球を約100万個を使った全長220mの光のトンネル「ワンダートンネル」をくぐり抜けると、迫力あるスペクタクルショーの始まりです。マーメイドや魚たちが暮らす「マーメイドパラダイス」エリアには、高さ約 10mの「海底神殿エナリオス」や、全長約8mの光の帆船「プリンセスネスタ号」などで海底世界を表現しています。「マッピングシアター」ではお子さまから大人まで楽しめる、ペンギン「ヌヌシュ」の冒険物語がプロジェクションマッピング映像で映し出されます。ラストでは、LEDメガビジョンとウォータースクリーン プロジェクションなどを使った日本初の複合演出スペクタクルショー「イグアスの伝説」で大人も圧倒される迫力に引き込まれます。


 根茎ベゴニア展[加西市]

【開催期間】2019年1月2日(水)~3月31日()9:00~17:00(入園は16:00まで)

【開催場所】兵庫県立フラワーセンター大温室 四季の花室(地図

【アクセス】バス…JR神戸線「姫路駅」から神姫バスターミナル横「北条行」のバスで約1時間、終点で下車、タクシーで10分 ※日・祝は「フラワーセンター行」の直通バス運行(約1時間10分)  車…中国自動車道「加西IC」より南へ3km、山陽自動車道「加古川IC」より北へ19km

【入園料】一般500円、障害者・65歳以上250円、高校生以下無料

【お問合せ】兵庫県立フラワーセンター TEL:0790-47-1182

「根茎ベゴニア展」が開催されます。ベゴニアの中でも特に種類が多い木立性ベゴニア、地面に接した部分から根を伸ばす“根茎”という茎を持つ根茎性ベゴニアなどが展示されます。


 「横尾忠則 西脇幻想」展 -光るまち・光る記憶- [西脇市]

【開催期間】2019年1月6日()~3月24日(

【開催場所】西脇市岡之山美術館(地図

【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)

【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日)、2019年2月12日(火)~2月19日(火)は展示入替期間で休館

【入館料】大人500円、65歳以上400円、大学・高校生300円、小・中学生200円

【アクセス】電車…JR加古川線「日本へそ公園駅」下車すぐ 車…中国自動車道「滝野社IC」から国道175号線で約15分

【お問合せ】西脇市岡之山美術館 TEL:0795-23-6223

西脇市名誉市民で美術家・横尾忠則氏の展覧会です。出品作の半分以上が初公開の新作となっています。


 伽耶院 とんど焼き[三木市]

【開催日時】2019年1月15日(火)14:00~

【開催場所】伽耶院(三木市志染町大谷410)(地図

【アクセス】公共交通機関…神戸電鉄「緑が丘駅」から「グリーンピア三木」行のバス「伽耶院口」下車、徒歩10分 車…山陽自動車道「三木東IC」から車約10分

【お問合せ】伽耶院 TEL:0794-87-3906

伽耶院にて、無病息災を祈り、とんど焼きが行われます。参加者が、もちやミカンをとんどの火で焼きます。

 相生産かきまつり 2019年1月[三木市]

【開催日時】※売切れ次第終了
2019年1月5日()~1月6日()10:00~15:00
2019年1月12日()~1月13日()10:00~15:00
2019年1
月19日()~1月20日()10:00~15:00
2019年1月26日()~1月27日()10:00~15:00

【開催場所】道の駅みき 観光センター前(地図

【アクセス】電車…神戸電鉄「三木駅」より車で約10分
車…山陽自動車道「三木小野IC」より車で約5分

【お問合せ】ながさわ道の駅みき店 TEL:0794-86-1131

「相生産かきまつり」を開催します。日本でも有数の牡蠣の産地、「兵庫県相生市」より、播磨灘の新鮮な牡蠣が直送されます。殻付かき、むき身の販売のほか、牡蠣飯、牡蠣のバター醤油焼き、山田錦の牡蠣味噌ラーメンなどのグルメも楽しめます♪


 コヤノ美術館 ナイトミュージアム[西脇市]

【開催日】2018年12月1日・8日・15日  ※いずれも土曜日
2019年1月12日・19日・26日、2月2日・9日・16日・23日

【開催時間】18:00~ ※完全予約制(当日16:00まで予約受付)

【開催場所】コヤノ美術館 西脇館(地図

【入館料】大人800円 小・中学生300円

【アクセス】中国自動車道「滝野社IC」から北へ車で25分

【お問合せ】コヤノ美術館 ナイトミュージアム予約専用電話 TEL:090-1919-0481

コヤノ美術館 西脇館は明治時代半ばに建てられた、豪農・藤井邸を修復・活用したもので、建物全体が国の登録有形文化財、兵庫県の景観形成重要建造物となっています。
館内には、全国各地から収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示されています。
敷地面積は3千平方メートルを誇り、明治時代半ばに建造された母屋と連結して建てられている大正期のモダンな洋館、そして昭和初期に建築された離れ・土蔵で建物は構成され、高価で貴重な材木が用いられており、素晴らしい意匠が随所に施されています。冬季限定で「ナイトミュージアム」では普段は見られない、ライトアップされた建物やお庭の景色を楽しめます!


 にしわき経緯度地球科学館テラ・ドーム 2019年1月イベント[西脇市]

にしわき経緯度地球科学館テラ・ドーム(地図
【開館時間】10:00~18:00(入館は17:30まで)
【休館日】月曜日と祝日の翌日(ただし土、日、祝の場合は開館)、12/29~1/2
【入館料】大人510円、高校・大学生200円、小・中学生100円
【アクセス】JR加古川線「日本へそ公園駅」下車、徒歩5分

西脇市中学生理科の自由研究作品展 2018年11月23日(金・祝)~2019年1月27日( ※入館料のみ

テラ・ドームギャラリー 1月「へそ公園の四季」写真展 ※見学無料

プラネタリウム 毎時0分・30分から上映(上映時間25分)

プラネタコンサート「リトルベル」 2019年1月19日()18:45~19:15 ※入場無料・先着30名

子ども科学教室  13:30~/15:30~
2019年1月3日(木)・6日()…ぐにゃぐにゃだこをつくろう
2019年1月13日()・14日(月・祝)…CDコマをつくろう
2019年1月20日()・27日()…くるくるマグネットをつくろう

天体観測
『昼の天体観測会』毎時0時から約30分間 ※晴れの日のみ
晴れた日には明るい恒星や、太陽の姿を見ることができます。

『夜のスターウォッチング』休館日をのぞく毎週土曜日と休前日の19:30~21:00 ※晴れの日のみ ※小学生以上一人200円・申込要・定員25名
81cm反射望遠鏡で、いろいろな星たちを見ることができます。

土曜ちょこっとサイエンス 土曜日 14:00~16:00頃まで ※入館料のみ
昔々の火おこしやバルーンアートなど、学校ではできない体験をしてみよう! 内容はいろいろかわりますので、詳しくはお問合せください。

テラ・ドームクイズ 日・祝日の11:30~ ※入館料のみ


 エクラ雑貨市[小野市]

【開催日時】2019年1月20日()10:00~15:00

【開催場所】市民交流ホールなど(地図

【お問合せ】小野市うるおい交流館エクラ TEL:0794-62-5080

エクラに、おしゃれでかわいい雑貨が大集合します♪播磨・神戸のハンドメイド作家の販売ブースや、楽しいワークショップ体験、キッズも楽しいダンボール迷路のコーナー、こだわりの味が堪能できるフードブースもあります。


 大宮八幡宮 三木鬼追式[三木市]

【開催日時】2019年1月20日()10:30~/13:00~/15:00~(餅つきは15:00~)

【開催場所】大宮八幡宮・月輪寺(地図

秀吉が大宮八幡宮の隣に鎮座する月輪寺に奉納したと伝えられる赤鬼・黒鬼の面を被り舞い、氏子の無病息災を祈ります。赤鬼、黒鬼の大鬼と子鬼が踊りを披露し、餅つきや餅まきも行われます。